西日本へ祈りをこめ。

西日本豪雨につき胸を痛めていました。

朝に祈り夜に祈り、自分の無力さをかみしめつつ前々から災害によって学んだ目の前を愛し生きることをした数日間でもありました。

 

くしくも今週末私たちは、東日本大震災で被災された登米市で出逢えた大切な方が念願を叶え建てられた「絵本カフェおひさまの国」さんのイベントへ行く予定がありました。

 

この絵本カフェさんでは人々のこころの傷を癒しやすらぎと笑顔を育む空間として作られた想い、太陽のようにみんなの為にと宿る誠の愛を感じずにはいられません。そのシンボルとしてオヒサマを使用していただけたのは大変光栄ですが、このオヒサマが登場する私の絵本は販売のみでなく映像で全編公開をしています。

 

制作事というのはこちらの勝手なので、そこに宿す想いや背景などほぼ話してきてないですが物語を授かるべく命がけでアマゾンのジャングルで暮らした後、森や太陽という大自然が与えてくれたものがこの物語だとおもっています。制作で12年かけたので私にはまだこの1冊しか出版物はありませんが、これをまた善意で集ったすばらしい演者、奏者、アーティストの方々らや仲間たちの祈りや愛の宿った朗読と音楽で演奏してくれたのが下の2つの映像です。これに携わってくださった皆さんとの復興への祈りもをこめます。

どうか必要とする方へのひと時のやすらぎとして届きますように。

 

 

OHISAMA BOOK

 

OHISAMA BOOK

music by マイトリー